現役サラリーマンが考えた自律するチームのつくり方

~5つのステップで誰にでもできる実践的手法~

5-001.はじめに =現役サラリーマンが考えたマネジメントのワンポイント集=

現役サラリーマンが考えたマネジメントのワンポイント集 =自律するチームのつくり方=

ある程度の実務経験を積んだ後、チームのリーダーに任命されたものの、メンバーにどう接していけばいいのか、チームをどうまとめていけばよいのか、マネジメントとは

そもそもどういうことなのかがわからない。リーダー研修を受けてもビジネス本を読んでも、概論や別世界の事例が書かれているだけでピンとこないし・・・。かといって、先輩や上司に相談しても、「結局、試行錯誤を繰り返しながらやっていくしかないんだよ」と言われ、具体的に何をどうしたらよいのか、皆目見当がつかない・・・。

実務のやり方は先輩や上司が教えてくれたのに、リーダーのやり方は誰も教えてくれない。

 

・・・目の前の仕事や日々発生する問題への対応で精一杯で、チームやメンバーのことを考える余裕がない。一方、メンバーにしてみると、リーダーはいつも慌しく動いていて、「忙しいんだから、これ以上話しかけないでくれ」と言われているようで、報告や相談がしづらい。メールで報告・相談しても、期待した回答は返ってこない。だから、結局、問題が大きくなってから(場合によっては、メンバーからではなくお客様などチーム外から)リーダーに伝わり、お互いに不満を募らせてしまう。

かつての僕がそうだったように、こんな悩みを抱えるリーダーの方々は多いのではないでしょうか。

強いリーダーとしての資質は何ひとつなく、自信も実力もない弱い僕だったからこそ、できる人達よりもいろいろなことを考え、やってみては失敗し、気づいてきたことがたくさんあるのかもしれない。そんな僕だからこそ、もしかしたら、悩みを抱えるリーダーの方々に、参考になりそうなヒントをたくさんお伝えできるのかもしれない。

そんな想いから、意外と誰も教えてくれない、わりと自分では気づきにくい物事の捉え方やメンバーへの接し方など、かつての僕が知ったら参考になったであろう様々な “マネジメントのワンポイント” を、これから思いつくままに綴っていきたいと思います。

よろしければ、引き続きご覧ください。

Yoshihiro ARAKAWA

 

 

====== 以下、関連情報 ======

メインテーマ:

『自律するチームのつくり方 ~5つのステップで誰にでもできる実践的手法~』

関連テーマ:

『1:やりがい ~やる気を引き出し、高め、やりがいに変える方法~』

『2:課題解決 ~課題解決活動を通じ、自律型の人材・チームを育てる~』

『3:キャリア形成 ~なりたい自分の描き方と実現の実践的手法~』

『4:価値観 ~周りも共感するブレない価値観を持つチームへ~』

の総集編は、こちらからどうぞ↓

https://yoshiarakawa.hatenablog.com/archive/category/Omnibus