現役サラリーマンが考えた自律するチームのつくり方

~5つのステップで誰にでもできる "ふつうのチーム" を "メンバーがいきいきと働く自律型チーム" に変えるための実践的手法~

5-132.ルールや管理で縛るのではなく、夢やビジョンで束ねる =現役サラリーマンが考えた自律するチームのつくり方=

ルールや管理で縛るのではなく、夢やビジョンで束ねる =現役サラリーマンが考えた自律するチームのつくり方=

チームのメンバーがそれぞれ好き勝手なことをしてバラバラで、リーダーの言うことを全然聞いてくれない。会社のルールも守られていない。メンバー同士の人間関係も、社会人とは思えないような構図になっている。

続きを読む

5-130.部下が自分で考え行動し達成したと思える経験をつくる =現役サラリーマンが考えた自律するチームのつくり方=

部下が自分で考え行動し達成したと思える経験をつくる =現役サラリーマンが考えた自律するチームのつくり方=

『そのタスクをやってもらうにはまだ力不足で(その部下)に任せられないから、(その部下には)今の力量でできるピースだけをやってもらう』

どんなことも初めはそうかもしれません。

続きを読む

5-128.時間管理を徹底するよりも、やることにフォーカスする =現役サラリーマンが考えた自律するチームのつくり方=

時間管理を徹底するよりも、やることにフォーカスする =現役サラリーマンが考えた自律するチームのつくり方=

メンバーの生産性を上げるために時間管理を徹底しようとするリーダーを見かけます。確かに時間管理は大切なことですが、管理されるメンバーはたまりません。

続きを読む

5-125.「なぜこうしないんだ」ではなく、「何をどうすべきか」 =現役サラリーマンが考えた自律するチームのつくり方=

「なぜこうしないんだ」ではなく、「何をどうすべきか」 =現役サラリーマンが考えた自律するチームのつくり方=

メンバーに対して、「なぜこうしないんだ」と言うリーダーを見かけます。本人は良かれと思って使っているのかもしれませんが、「なぜこうしないんだ」は、メンバーを個人攻撃し委縮させる言葉です。

続きを読む

5-124.目の前にある課題を、“メンバー成長の題材”と捉える =現役サラリーマンが考えた自律するチームのつくり方=

目の前にある課題を、“メンバー成長の題材”と捉える =現役サラリーマンが考えた自律するチームのつくり方=

普段、チームに新たな課題の発見・発生があると、まず、その課題の解決に目が行き、どうしたら最適・最短に課題解決できるかを考えます。

続きを読む