現役サラリーマンが考えた自律するチームのつくり方

~5つのステップで誰にでもできる "ふつうのチーム" を "メンバーがいきいきと働く自律型チーム" に変えるための実践的手法~

5-106.質問を投げ続け、『考える』 をチームの楽しい文化にする =現役サラリーマンが考えた自律するチームのつくり方=

質問を投げ続け、『考える』 をチームの楽しい文化にする =現役サラリーマンが考えた自律するチームのつくり方=

前例があることをそれに倣ってするばかりでは、あまり考えない組織になります。そして、そういう仕事の比率が高くなると、作業をこなすことが仕事という認識が組織(チーム)内に芽生えてきます。

続きを読む

5-105.経験が必要な仕事を、経験が浅いメンバーで回す =現役サラリーマンが考えた自律するチームのつくり方=

経験が必要な仕事を、経験が浅いメンバーで回す =現役サラリーマンが考えた自律するチームのつくり方=

どの職場にも、経験を積んだベテランメンバーにしかできない仕事があるものです。しかし、そこにあえてメスを入れると、いろいろな発見があるかもしれません。

続きを読む

5-104.半分の時間でやれる方法をひねり出す =現役サラリーマンが考えた自律するチームのつくり方=

半分の時間でやれる方法をひねり出す =現役サラリーマンが考えた自律するチームのつくり方=

業務のやり方を見直して短時間でできる方法を考えるとき、例えば、20%や30%の低減を目標にすると、どうしても現状のやり方の小改良という発想になりがちです。

続きを読む

5-103.楽しそうにもがく姿を、もがいている最中に見せる =現役サラリーマンが考えた自律するチームのつくり方=

楽しそうにもがく姿を、もがいている最中に見せる =現役サラリーマンが考えた自律するチームのつくり方=

チームのリーダーから、「メンバーにもっとチャレンジしてもらいたいのですが、新しいことには全然手を出そうとしないんですよ」という相談を受けることがあります。

続きを読む

5-102.問題からは、逃げれば追われ、向かえば成長できる =現役サラリーマンが考えた自律するチームのつくり方=

問題からは、逃げれば追われ、向かえば成長できる =現役サラリーマンが考えた自律するチームのつくり方=

どんな組織でも問題は必ず発生します。その時に、「嫌だな」と思って逃げるのか、「よし、やるぞ!」と思って向かっていくのか。

続きを読む

5-101.すぐ周りが気になるのは、夢中になれることがないから =現役サラリーマンが考えた自律するチームのつくり方=

すぐ周りが気になるのは、夢中になれることがないから =現役サラリーマンが考えた自律するチームのつくり方=

いろいろなチームを観察していると、自分のすぐ周辺、特に、近くにいる他の人の言動ばかり気にしているメンバーを見かけることがあります。

続きを読む

5-100.平穏無事になったら、チーム内に波風を起こす =現役サラリーマンが考えた自律するチームのつくり方=

平穏無事になったら、チーム内に波風を起こす =現役サラリーマンが考えた自律するチームのつくり方=

チームに平穏無事な日々が長く続いていると思ったら、メンバーが淡々と日々の仕事をこなしているだけで、何の刺激もない状態に陥っているかもしれません。

続きを読む

5-099.目の前で起きている問題を、心の目でじっと観察する =現役サラリーマンが考えた自律するチームのつくり方=

目の前で起きている問題を、心の目でじっと観察する =現役サラリーマンが考えた自律するチームのつくり方=

問題が起きると、よく調べもせずに誰かのせいにしたり、間違った対処をして深みにはまったり、心が落ち着いていない状態で慌てて判断して動くと、解決に向けて対処しているつもりが却って問題が複雑になる。

続きを読む

5-098.昨日までの当たり前に疑問を投じる =現役サラリーマンが考えた自律するチームのつくり方=

昨日までの当たり前に疑問を投じる =現役サラリーマンが考えた自律するチームのつくり方=

昨日までしてきたことは、いつの間にか、“それが正しいことであるとか一番良いやり方である”という先入観が染みついて、改めて考えるということをしなくなってしまいます。

続きを読む