現役サラリーマンが考えた自律するチームのつくり方

~5つのステップで誰にでもできる実践的手法~

総集編 現役サラリーマンが考えた ”課題解決活動を通じ、自律型の人材・チームを育てる”

どうしたら自律型の人材・チームを育てられるのか、(これまでご紹介した)僕が考え実践してきたことを”総集編”としてまとめてみました。『仕事』というと、「厳しいもの」「つらいもの」「指示されてやらされるもの」・・・というネガティブな

総集編 現役サラリーマンが考えた ”やりがい”    ~やる気を引き出し、高め、やりがいに変える方法~

『現役サラリーマンが考えた自律するチームのつくり方』における『5つのキーワード:やりがい、課題解決、キャリア形成、価値観、マネジメント』のうちの1つ、 『やりがい~やる気を引き出し、高め、やりがいに変える方法~』

総集編 現役サラリーマンが考えたキャリア形成 ~なりたい自分の描き方と実現の実践的手法~

現役サラリーマンの僕が考えたサラリーマンのための ”キャリア形成 ~なりたい自分の描き方と実現の実践的手法~” の総集編として、キャリア形成のイメージ、未来の姿を考えるときのポイント、企業側の論理、4つのアプローチからなりたい自分を

総集編 現役サラリーマンが考えた自律するチームのつくり方 ~5つのステップで誰にでもできる実践的手法~

現役サラリーマンの僕が考えた『自律するチームのつくり方 ~5つのステップで誰にでもできる実践的手法~』の総集編として、”仕事をおもしろくしてやりがいを持つ方法”、”気の持ち方ひとつで全てが変わる、変えられる”、”方針に基づく事業活動の

課題解決活動を通じ、自律型の人材・チームを育てる ~2-1.1人ひとりとチームのワクワクづくり・未来づくり~

もしもあなたが、初心者ばかりの子供達のスポーツチームのコーチに抜擢され「全国レベルのチームに育ててほしい」と頼まれたら... 今回は『課題解決活動を通じ、自律型の人材・チームを育てる』

課題解決活動を通じ、自律型の人材・チームを育てる ~2-2.課題解決活動で全てがうまく回り出す~

テーマ:『課題解決活動を通じ、自律型の人材・チームを育てる』の 第2回として ”課題解決活動で全てがうまく回り出す” について考えてみました。ここでいう課題解決活動とは、企業が明日もお金を稼げるように、チームのメンバーが主体となって

課題解決活動を通じ、自律型の人材・チームを育てる ~2-3.課題解決活動の全体像~

テーマ:『課題解決活動を通じ、自律型の人材・チームを育てる』の第3回は ”課題解決活動の全体像” です。会社の目標を達成することと、それによってお金(給料)をもらうことだけを目的に仕事をしていてもつまらないと思いませんか?

課題解決活動を通じ、自律型の人材・チームを育てる ~2-4.課題解決活動の進め方 ~その1.現状維持からの脱却

テーマ:『課題解決活動を通じ、自律型の人材・チームを育てる』の 第4回~その1 は ”課題解決活動の進め方 ~その1.現状維持からの脱却” です。今のままではチームにとってもメンバーにとっても良くないとわかっていても、なかなか現状を

課題解決活動を通じ、自律型の人材・チームを育てる ~2-4.課題解決活動の進め方 ~その2.始動から軌道に乗せるまで

テーマ:『課題解決活動を通じ、自律型の人材・チームを育てる』の 第4回~その2 は ”課題解決活動の進め方 その2.始動から軌道に乗せるまで” です。リーダーである自分も含め、現状のまま楽な方に流されがちなチームを

やる気を引き出し、高め、やりがいに変える方法   ~ はじめに ー やる気の質(レベル)・特徴 ~

もしも、あなたが、「やる気が出ない」「やりがいがない」そう感じているメンバーばかりのチームのリーダーに任命されたら、どう対処しますか? 「"やる気" や "やりがい" をどう感じるかは

やる気を引き出し、高め、やりがいに変える方法   ~1-2.やる気が下がるとき、高まるとき~

やる気には質があり、その質によって仕事のアウトプットがまるで違うこと、そして、やる気は人の感情であり乱高下するが、メンバー1人ひとりの心と向き合って心に働きかけていけば、やがてそれがやりがいに変わって強いチームがつくられる

やる気を引き出し、高め、やりがいに変える方法   ~1-3.やる気の泉をメンバーの心の中に育てる~

現役サラリーマンが考えた『やる気を引き出し、高め、やりがいに変える方法』の最終章: ”1-3.やる気の泉をメンバーの心の中に育てる” です。 世の中には、その人にとって到底できないことをどうしても

はじめに ~現役サラリーマンが考えたキャリア形成~

『キャリア形成』といっても、そもそも自分が何をしたいのか、どういうキャリアを身につけたらよいのかわからなければ考えようがありませんよね。 僕もさまよっていた時期がありましたし、今も、僕の周りには、

手順1.2~3年後ではなく、もっと先の未来のことを想像する =キャリア形成=

『キャリア形成 ~なりたい自分の描き方と実現の実践的手法~』の ”手順1” は、”2~3年後ではなく、もっと先の未来のことを想像する” です。 資料3-1に、「(長期的な)キャリア形成のイメージ」、

手順2.企業側の立場でニーズ(求める人材)を考える =キャリア形成=

『キャリア形成 ~なりたい自分の描き方と実現の実践的手法~』の ”手順2” は、”企業側の立場でニーズ(求める人材)を考える” です。 資料3-2に、企業活動から見た『人材に関する企業側の論理』

手順3.未来の姿を、より具体的にイメージし、書き表す =キャリア形成=

『キャリア形成 ~なりたい自分の描き方と実現の実践的手法~』の ”手順3” は、”未来の姿を、より具体的にイメージし、書き表す” です。 資料3-3に、未来の姿を考えるときのポイント、

手順4 および 手順1~4のまとめ:なりたい自分の描き方 =現役サラリーマンが考えたサラリーマンのためのキャリア形成=

今回は、手順4に加えて、手順1から手順4のまとめ:『現役サラリーマンが考えたサラリーマンのためのキャリア形成 なりたい自分の描き方』の集大成です。 資料3-4に、”手順4.モデルとなる人を見つけ、

手順5~9:なりたい自分の実現方法 =現役サラリーマンが考えたサラリーマンのためのキャリア形成=

『現役サラリーマンが考えたサラリーマンのためのキャリア形成 ~なりたい自分の描き方と実現の実践的手法』の ”手順5~9" は、”なりたい自分の実現方法” です。 なりたい自分を実現するに当たり、意識しておくと良いことも

はじめに ~自律するチームのつくり方~

こんにちは。会社員生活30年を迎えた現役サラリーマンです。 このブログのテーマ:『自律するチームのつくり方』は、未熟者で不器用な僕が、悩み、考え、やってみて、うまくいかずにまた悩み、

ステップ1 ~仕事への関心を高める~ =自律するチームのつくり方=

ステップ1は、”仕事への関心を高める” です。 チームのメンバーに対し、まず始めに、あなた自身が感じる ”仕事のおもしろさ”、”やりがい” について、

ステップ2 ~チームワークを醸成する~ =自律するチームのつくり方=

ステップ2は、”チームワークを醸成する” です。 チームワークを醸成するためには、メンバー全員で何かを達成するのが一番です。 そこで、まずは、チームのメンバーに、日頃考えている

ステップ3 ~メンバーの将来像を考える~ =自律するチームのつくり方=

ステップ3は、”メンバー1人ひとりの将来像を考える” です。 メンバー1人ひとりと、面談形式で、その人のキャリア形成について、あなたが、その人と一緒に考えてみてください。

ステップ4 ~価値観を根づかせる~ =自律するチームのつくり方=

ステップ4は、”価値観を根付かせ文化(コアバリュー)にする” です。 僕は、一人ひとりが、それぞれ違う価値観を持っている、そういうメンバーが集まっている方が、

ステップ5 ~方針・重点テーマ・役割をつくる~ =自律するチームのつくり方=

ステップ5は、”方針を話し合って策定し、重点取組みテーマと役割を全員でつくる” です。 「それらはリーダーがつくるもので、チームのメンバーへは

まとめ ~自律するチームのつくり方~

これまで見てきた自律するチームをつくる5つのステップのうち、4つは『人づくり』・『職場づくり』に関係するものです。自律するチームをつくる上で、なぜ、『人づくり』・『職場づくり』がそんなに大切なのか、

読み込んでいます…